蓄電池の種類とメリット・デメリットを解説

蓄電池の種類とメリットとデメリット

蓄電池には種類があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

種類による違いをよく理解しておかなければ、先々後悔することになるかもしれません。

 

蓄電池の種類

蓄電池の種類とそれぞれの特徴です。

 

種類

特徴

メリット

デメリット

リチウムイオン蓄電池

携帯電話・ノートパソコン等のモバイル機器のバッテリーに使用

現在の【家庭用蓄電池】のメイン

  • 耐久性に優れ、扱いも簡単
  • 重量が軽い
  • メモリー効果(※)が殆どない
  • 自己放電が少ない
  • 高価な素材が使われており、非常に高い

ニッケル水素蓄電池

ハイブリッド車に使用

パナソニック製「エネループ」が代表的

  • リチウムイオン蓄電池に押され気味だが、価格面では優位
  • 自然放電が多い
  • メモリー効果(※)がある

鉛蓄電池

自動車のバッテリーに使用

最も歴史が長く、世界中で最も多く使われている

  • 最も低価格でコストパフォーマンスが良い
  • メモリー効果(※)がない
  • 非常に重く、大型
  • 過放電(バッテリー上がり)に弱く、劣化しやすい
  • 取扱に注意が必要

 

(※)メモリー効果
継ぎ足し充電(使い切る前に充電)することで、容量が残っていても「継ぎ足し充電した容量」まで使用したときに一時的に電圧降下が起きる現象。
継ぎ足し開始付近の残量を「記憶(メモリー)」していることから、メモリー効果と呼ばれる。
実際には単に電圧が低下するだけで、容量は減少していない。

家庭用蓄電池の主流は【リチウムイオン蓄電池】

 

現在、家庭用の蓄電池として主流となっているのは【リチウムイオン蓄電池】です。

 

耐久性に優れ、扱いも比較的容易。

 

しかも鉛蓄電池と比較して小型・軽量なのがその理由です。

 

例えば、同じ70kgの蓄電池でも、鉛蓄電池は2kw、リチウムイオン蓄電池では5kw程度の容量が確保できます。

 

一般家庭では、あまり重量があると室内への搬入も難しく、また屋外でも設置工事が大掛かりになってしまいます。

 

その為、設置場所を確保でき取扱にも慣れている事業所等では安価な鉛蓄電池が、一般家庭ではリチウムイオン蓄電池が選ばれています。

 

 

最大のネックは【価格】

 

リチウムイオン蓄電池は高いです。
価格帯としては、100万円以上が多く、【欲しい=買う】とはいきません。

 

では、なぜこんなに高いのか。

  • 原料に金より高価な物質が使われている
  • 構造が複雑
  • 安全対策が何重にも施されている

元々、リチウムイオンは非常に燃えやすい物質で、過去には発火事故も起きています。

 

同じような轍を踏まないため、安全対策を幾重にも施し、初めて【安全で性能が良い】蓄電池となっています。

 

また、太陽光発電と接続したりする【定置式】の蓄電池では工事も必要になってきます。

 

少しでも安く購入するために

高価な蓄電池を少しでも安く購入するためには、やはり一括見積もりが最適です。

 

ただし、値段だけで決めることは絶対に避けましょう。

 

現在、殆どのリチウムイオン蓄電池にはメーカー保証が10年付いていますが、メーカー保証はあくまで【製品に対する保証】です。

 

設置工事が起因のトラブルはメーカー保証には含まれませんので注意が必要です。

 

家庭用蓄電池を最安値で探せる見積もりサイト【全国無料】

トップへ戻る